大切なスマホを長く使い続けるために

この記事をシェアする

スマートフォンに定期メンテナンスは必要なのか?

大事な相棒を守るために

メンテナンスとはWikipediaによると、「建築・土木構造物や自動車など機械類の整備・維持・保守・点検・手入れ」の意味を持っています。
スマホでいえば「点検・手入れ」にあたりますね。

毎日使っているスマホだからこそ、液晶パネルに指紋がついてしまうのは当り前です。それを軽く濡らしたタオルで拭いたり、眼鏡クリーナーで拭いたりしますよね。それも「メンテナンス」です。一週間に2回~3回液晶パネルを拭くのであればそれは完全に「定期メンテナンス」です。
「それくらいならよくやってるし、簡単じゃん!」と思う人は要注意です。液晶パネルだけ綺麗にしても、スマホの操作性が一段と上がるわけではありません。
大事な相棒を守りたいのであれば、細かいところの「定期メンテナンス」が必要になってきます。

そもそもメンテナンスは外側だけ?

スマホのメンテナンスには、2種類あります。それは「外側のメンテナンス」と「内側のメンテナンス」です。
「外側のメンテナンス」は文字通り、先ほど挙げた液晶パネルの他に、イヤホンジャックや充電端子(充電器を差し込む部分)の掃除などが当てはまります。
よく見るとイヤホンジャックに埃が溜まっていたりしますよね。
そうすると接続が悪くだけではなく、傷がついてしまう場合もあります。

「内側のメンテナンス」は難しいですが、スマホ内の容量削除やアプリ管理などに当てはまります。
実はこれが大事なのです。
容量が重かったり、アプリを沢山いれていたりすると、スマホの操作性が下がってしまい快適にはなりません。
「内側のメンテナンス」は一見大変ですが、コツを覚えてしまえば簡単です。



PAGE
TOP